美容師と言う仕事上の悩み

美容師と言う仕事上の悩み

美容師と言う仕事をしていると靴を選ぶ時には、仕事のしやすさ、カットした髪の毛への対応ができるもの、という事を考えなくてはいけないのですが、もっと大変なのが各種薬剤に対する対応だと思われます。特にカラーリング剤などはお客さんに対してでも「衣服などの付着したら取れない」という危機感を持って扱っているものです。ですがお客さんに対してはそれだけの気を回す事はできますが、自分に対してまで気にしていては仕事になりません。洋服は勿論ですが靴にもカラーリング剤が飛び散ってしまう事は良くある事でしょう。とういう時に「この靴高かったのに…」などといちいち落ち込んでいる様では仕事になりませんね。たとえカラーリング剤が付いても惜しくないような靴を選んだ方が良い、という事になるかもしれませんが、それではファッション性がどうか…という事にもなってくるのではないでしょうか。美容師と言う仕事をしていると仕事で着用する靴選び、というのは私達が思っているよりも随分と制約があって大変そうです。仕事のしやすさ、ファッション性、汚れに対する対策、全てを叶えてくれるような靴はあるのでしょうか。これから美容室へ行くときには美容師の方々の靴に注目してみるのも面白いかもしれませんね。美容師の人に限らず、靴を長時間履いているとどうしても「蒸れてくる」という不快感を感じるようになりますよね。長時間靴を着用して働く美容師なら尚更でしょう。そこで美容師の靴選びで大切になってくる事の一つに靴の通気性、という事があるでしょう。たとえば軽量の記事の薄目のスニーカーやスリッポンの様なタイプなら通気性が良いかもしれません。軽くて靴底の返りのよいものなら、美容師にとっては便利な靴かもしれません。たが考えなくてはいけないのは粗い目の布などの通気性の良いものは、髪の毛が刺さったり入ったりしやすい、という難点もあります。例えばレザーの様な素材ならば髪の毛や水、薬剤などは完璧に防御できるかもしれませんが、通気性という面では解決しませんね。通気性が悪い靴を一日中履き続けていると、臭いなどの問題や足のトラブルを引き起こす事にもなりかねません。休憩時間などには靴を抜いて過ごす、等の工夫が必要かもしれませんが、昼食もままならないような仕事をしている美容師ですからなかなか靴を脱いでリラックスして、という時間はとれないかもしれません。通気性が良ければカット後の髪の毛の問題が起こる、髪の毛の問題を防御しようとすると通気性の問題となる、と難しい選択になりますね。