疲れない靴を選ぶには

疲れない靴を選ぶには

美容師として働き始めると、私服で仕事をする事になりますし、仕事がしやすいファッションをしなくてはいけません。ですがそれと共にお客さんに対して感じが良くやはり美容師のイメージとしてオシャレにしていなくてはいけない、という事がありますよね。美容師なのにセンスが悪い、というのはその人の美容師としての技術まで疑われてしまいそうです。ですが実際にはオシャレかどうかは二の次になるほど、仕事中に気にならないファッションであるか、という事も大切なんですね。特に靴を選ぶのが大変な様です。とにかく仕事中に足の疲れが気にならない事が大前提でしょう。新人の美容師さん達は最初はまさに足が棒になる、という経験をするのではないでしょうか。せっかくオシャレに決めてやろう、と思った靴が疲れを倍増させている、という事もあるかもしれません。美容師として仕事用の靴を選ぶのであればまずは「疲れない」事が大前提です。どんな靴が疲れないのか、というのはだいたいの喜基準はあると思いますが、それでも自分に合うか合わないかは別問題です。長時間の立ち仕事に耐えられるぐらい自分に合っている靴を選ぶのは、洋服の組み合わせを考えるよりも難しいことかもしれません。自前になってしまうのでついつい安い靴、と思ってしまうかもしれませんが、なによりも疲れない靴を選ぶことが必要でしょう。美容師の皆さんはいつもオシャレにされているな、と思いますよね。とてもオシャレにしているのに快活に仕事をしている様はとても素敵ですよね。お気に入りの美容師のファッションを真似したい、と思っている人も多いのではないでしょうか。美容師の皆さんは「美容師」と言う職業のイメージからファッションにもとても気を付けている人が多いようです。もともとファッションにも興味のある人が多いですし、ヘアスタイルとマッチさせる服装選びを自ら実践して見せる事でそのお店のイメージをとてもオシャレなものにしてくれています。ですがそういったファッションに関しては美容師さん自身もとても悩んだり考えたりしているようです。例えば洋服に合わせる靴です。美容師さんの履いている靴、というのはただオシャレで洋服に合っていればよい、というわけではありません。意外とお客さんは忘れがちなのですが、美容師さんと言うのは常に立って仕事をしている人がほとんどです。カットの時に動く椅子でカットする事はありますけど、トータル的に見ると一日のうち落ち着いて座ってできる業務はほとんどありません。また美容室の床と言うのは常に髪の毛が散らかっている状況です。アシスタントの人がこまめに掃除をしていますがカットしている最中でも髪の毛が足元に落ちてきます。そんな状況でも快適に履いていられる美容師の靴と言うのはどのようなものなのでしょうか。二子玉川 美容院