担当美容師との会話

担当美容師との会話

美容室に行くと美容師との会話が楽しみ、という人が良くいますね。ですがどの美容師との会話も楽しい、というわけではないかもしれません。気の合う美容師もいればそうではない美容師もいるでしょう。美容師の中にもトークが上手い人とそうではない人がいます。美容師と指名する場合には、時には「この美容師と話がしたい」という気持ちで指名しているお客さんもいるかもしれません。そういう人にとって自分が指名した美容師、もしくはお目当ての美容師が担当してくれているにもかかわらず、ころころと作業ごとに美容師が変わってしまうのは、ヘアスタイルの仕上がり以外の所でも、ちょっと残念に思うかもしれません。美容室に来ている、というその時間自体を楽しもうとしているお客さんは多いものです。その期待を裏切るような結果になるのであれば、美容室内での役割分担も考え直さなくてはいけない部分もあるかもしれません。どうしても一つの美容室内ではベテランもいれば新人もいる、という状況が起こってしまうのは当然なのですが、できるだけ美容師の技術やトークの差が無い様な状態ならば役割分担されても良いかもしれませんが、そうでない場合には、分担する時にもお客さんの満足度を下げないようなやり方をする方が良いと思いますね。当然のことなのですがパーマにしてもカラーにしても、作業する美容師がちがえばその出来栄えはちがってくると思われます。マシンやロボットが行うのであればすべて均一にできるとは思いますが、同じ美容師がすべてやったとしても場所によってムラが出来てしまったり、お客さんによって仕上がりがちがったり、という事が起きて当然です。なおさら別の美容師が一人のお客さんのパーマやカラーをする場合には手が違うし、経験が違うのですから、同じように仕上がるはずがないんですね。つまり一つの頭の上で二通りの仕上がりになってしまう、という事になります。パーマのかかり具合が右と左で違う、カラーの色がムラになっている、というような仕上がりになるときは、おそらく複数の美容師が担当した結果ではないでしょうか。これは複数の美容師が担当する以上、避けられない結果だと思うんですね。もちろんすぐにお客さんに気付かれてしまうような事は滅多にないかもしれませんが、厳密に言えば必ずと言ってよいほど差が出ていると思いますし、あからさまに差が出ているときは「失敗」という結果になってしまいますから、お客さんが不満なだけではなく美容室にとっても信頼を失いかねない、というリスクがあるのではないでしょうか。上福岡の床屋