集客見込みの重要性

集客見込みの重要性

美容室の営業の成功において、経営の地誌が必要であることは当然のことなのですが、もう一つとても大切な事があります。それは集客力でしょう。どんなにノウハウや知識ををたくさん持っていてもお客さんが来ない事には何も始まりません。実はこの当たり前であることをあまり重要視していないまま美容室を開業する人が案外多い、という事があるようです。集客に関しては、実は開業前から力を入れておかなくてはいけない事なんですね。ですが自分のお店の開業、という事だけにこだわるがあまり、お客さんは良い店を作れば寄ってくる、ぐらいの考えしか持たないまま開業してしまうケースも有るようです。かつて働いていた美容室ではそこそこの指名を貰っていた、だから大丈夫、という過信もあるようです。せっかく自分の思う様にこだわって作った美容室であっても、そこにお客さんが来ない事には経営は維持できません。美容師が思っている程、全く知らない美容室に来店するお客さんと言うのはそんなに多いものでは無いんですよね。結果的にオープン時のクーポンなどで来店したお客さんの勢いがひとたび止まると、そこからは客足が途絶え、またクーポンで来店を促す事になり、いつまでたっても利益をもたらしてくれるお客さんが付かない悪循環に陥ると言います。美容室を開業して経営の持続に成功する人は、まずは集客の見通しが立っている人だと言えるでしょう。雇われて働いていた時にかなりの人数の指名客を持っていた、という人ほど、その時のお客さん全員が自分の新しいお店に来てくれる、と過信している感じだと、開業後の集客に苦労する様です。お客さんの立場になってみればわかるものですが、たとえその美容師を長年指名していたとしても、その中の全員が「たとえお店が変わってもこの美容師についていく」と言うところまで思い入れを持っているかどうか、という事は解らないものです。開業先がそのお客さんにとって不便なところで会ったり、その美容室自体にこだわりをもっていて担当美容師を変えてでもその美容室に通いたい、と思っているお客さんもいるかもしれません。そもそも開業するからと言って自分を指名してくれるお客さん全員を引き抜いて店を辞める事はマナー違反でもあります。跡を濁すような事をしてしまうと、その後のその美容師の評判にも関わってくる事でしょう。ですからその時指名してくれていたお客さんに対してのアプローチの仕方も良く考えなくてはいけませんし、その中のどれぐらいのお客さんが付いてきてくれるのか、という事は正確に把握し、それでスタート時のお客の人数が足りるのかどうか、という事をきちんと計算しておかなくてはいけません。行徳駅 美容院 求人