お客さんからのクレーム

お客さんからのクレーム

お客さんからのクレーム

 

美容師にとって一番辛いのはお客さんからのクレームかもしれません。一生懸命にカットしても仕上がりを見た途端にお客さんが嫌な顔をした、と言う経験は、その後の恐怖心にもつながってしまう事でしょう。髪を切る、と言う事は絶対に取り返しのつかない事です。お客さんとしたら思った以上に短くされてしまっては、「こんなんじゃ人前に出られない」と思うぐらい悲しい事になってしまうでしょう。そしてあまりにその思いが強い人は、その結果に対して担当美容師を責めるかもしれませんし、場合によっては返金を良く有する人もいるかもしれません。こちらに非が無い、と言うケースでもお客さんからのクレームに対してはきちんと応対しなくてはいけません。ですがそれは決して楽な事ではないですよね。精神的にかなり落ち込んでしまう事は避けられないでしょう。こういったことは未然に防ぐしか策はないと思われます。まずはお客さんとのカウンセリングでお客さんが望むヘアスタイルを十分に確認して、それが自分できちんと理解できているかどうか、と言う事を確認しなくてはいけません。後は自分の技術を信じるしかありません。お客さんが求めるヘアスタイルを作ることができるかどうか、というのはテクニックでしかありません。あまりに理不尽なクレームに対しては、気持ちを切り替えて次に臨む事も大切かも知れません。

 

人の髪を切る事に対する不安

 

無事にスタイリストデビュー出来たアシスタントの皆さんは、きっと溌剌と働いている事とは思いますが、中にはせっかくスタイリストデビュー出来たのにそれがきっかけで挫折感を味わう人もいるようです。それはこれまでの練習では主にマネキンのウィッグをカットしていて、最後の仕上げにカットモデルの髪を切ることが多いのですが、実際に人の髪を切る、しかも練習ではなく一発勝負、となると、急に恐怖心に襲われる、と言うケースです。カットしようとするたびに「これで良いのか?」「上手く仕上がらなかったらどうしよう?」と不安になってしまうケースです。確かに美容師の仕事、特にカットと言う施術は取り返しのつかないものです。あまりに怖くて少しづつカットしていては、スピーディーに仕上げる事が出来ません。躊躇している美容師の姿はお客さんにも不安感を与えてしまう事でしょう。これはデビューしたてのスタイリストには必ず一度は起こる感情かもしれませんが、それを乗り越えるにはデビューまでにいかに本当の人の髪の毛に慣れておくか、と言う事が大切でしょう。人の髪の毛は十人十色です。同じ髪質の人はいません。ですから常に初めての髪の毛を上手くカットしなくてはならないのです。どれだけ人の上で場数を踏んで慣れているか、と言う事しか解決方法はなさそうですね。

 

特選サイト

 

正社員の転職・求人は表参道駅で

転職 正社員 求人 表参道駅

 

篠崎での美容室での正社員やパートは主婦でも

美容室 正社員 主婦 パート 篠崎