なぜ閉店に追い込まれるのか

なぜ閉店に追い込まれるのか

美容師の皆さんの夢として「自分の店を持ちたい」という事は良く言われていますよね。ですが開業するとなると開業した後の事も十分に考えなくてはいけません。開業する事は資金や人脈があれば誰にでも出来る、と言っても良いでしょう。ですが肝心なのはその開業したお店の経営をその後も維持できるかどうか、ということではないでしょうか。今や美容室の件数はコンビニの件数を上回る、とも言われているぐらい美容室の件数は増加の一途をたどっています。日本人の人口そのものがそんなに増えていない中で、しかも美容室を利用する若い年代がどんどんと減っていく中で美容室の件数が増える、という事はそれだけお客さんの奪い合いが激しくなる、という事になります。その競争に負けてしまったらあっという間に閉店に追い込まれてしまいます。実際に美容室の開業件数も相当のものですが、廃業する件数もまた物凄く多いのです。ですがわずかな割合で経営を持続できている美容室もあります。閉店に追い込まれる美容室と、経営を持続できる美容室の違いというのは何なのでしょうか。その伏線は開業前から敷かれていると言われています。美容室の開業を考える時には、開業後の事も考えて準備をする必要があるでしょう。美容師の皆さんがいずれは自分のお店を持ちたい、ともうのは雇われているポジションの美容師ならばだれもが憧れるものと思われます。ですがただ憧れているだけではそれは実現しませんし、たとえお店を持つことが出来たとしても経営を持続する事はかなり困難な事です。肝心なのは一国一城の主となるだけではなく、そのお店と従業員を守っていかなくてはならない、という事がのしかかってくるわけです。それはお店を繁盛させてきちんと従業員に給料を支払える状況を続ける、という事です。そのためには当然ですが、いかに経営するか、という知識が必要になってきます。これは美容師の技能のレベルとは全く無関係な事です。つまり美容師をただ続けているだけでは、決して身につかない知識なんですね。きちんと経営の勉強をする、という事がとても大切です。もしも自分の店を持ちたい、という目標を持っているのであれば、早くからその知識を身に付ける事がとても大切で、それをやっていないのに、資金を貯めてお店を持っても上手くいくはずがないのです。本当に真剣に目標に向かって突き進んでいる人は、そのあたりの事をきちんと解っています。雇われて美容師を続ける傍ら、きちんと経営の術も身に付けているものなんですね。大島駅 美容院 求人