靴の中と靴底がポイント

靴の中と靴底がポイント

一般の人たちが靴を選ぶ時でも同じなのですが、長時間履いていても疲れない靴と言うのは靴の中や靴底がしっかりしているもの、といえるのではないでしょうか。美容師の皆さんも靴の中の部分や靴底の返りの良さと基準にしている人も多い様です。見ためにはおしゃれなスニーカーなどでも靴底が固いものは履いているとすぐに疲れてしまいますね。もちろん重たい靴よりも軽い靴の方が履いているのは楽です。靴底のソール部分がきちんと曲がる靴で軽量なもの、というのが良いのではないでしょうか。足への負担が随分と違うと思います。そうなってくると軽量のスニーカーなどが良いのではないか、と思いますし実際にスニーカーを着用している美容師さんは多いですね。スニーカーの中でも公の高さを調節できる紐靴が人気ですが、紐靴の難点は紐の部分にカットした髪の毛が溜まりやすい、という事の様です。また軽量タイプのものは素材が目の粗い感じの布だったりするので、やはり髪の毛がささったり入ったりしやすい、という点ではやはり美容師には向かないタイプのスニーカーかもしれません。靴の中についていえば靴を買う時にちょうどフィットするものを探すのはとても難しいですが、靴とは別にインソールを使っている美容師さんも多いようです。女性美容師のみなさんはファッションとの兼ね合いでヒールの靴を履いている人も少なくありません。ですがいずれも低めのヒールにしているのは当然疲れを軽減するためでしょう。ヒールの高さで一番負担にならないのは3pだと言われています。この高さが一番自身の体重を安定させる高さなのだそうです。普通のOLさんでも同じですがあまりにも高さのあるヒールを掃いていると疲れるのは勿論ですが外反母趾などの足トラブルの原因にもなりかねません。美容師ともなると立っている時間がほとんどですから、その立っている時間が靴のために苦痛である、というような事では仕事になりません。美容室で5p以上のヒールのある靴を履いて仕事をしている女性美容師をみると「この人はちゃんと仕事ができるのだろうか」とちょっと思ってしまいますよね。美容師と言う職業はオシャレでなくてはならない、というイメージがありますが、それでもオシャレが優先で仕事上の動きが妨げられる事を気にしないようでは、美容師としてはちょっと残念ですね。快活に動ける靴選びをしてなおかつその靴に合うように全体的におしゃれに決める事が出来る、という美容師こそセンスのある美容師、といえるのではないでしょうか。ヒールのない靴でもオシャレな靴はたくさんありますし、それに合うファッションも美容師レベルなら選ぶセンスを持っていてほしいですね。新宿にある美容院