化粧下地を省くのはNG

化粧下地を省くのはNG

忙しい人はメイクを簡単に済ませたいと考える人が多いでしょう。出来るだけ時間をかけずにできたら効率が良いとも言えるでしょう。しかし、メイクをする際に省いてもいいものとそうでないものがあるのです。化粧下地は省いてはいけないものの一つです。化粧下地にはファンデーションのノリを良くする効果だけでなく、肌のトーンを調える、または肌のトーンを明るくする、化粧崩れを防ぐ、などとても重要な役目を果たしているのです。そして多くの化粧下地は日焼け止め成分が含まれているため、日差しのケアにも役立ちます。短時間の外出だからとファンデーションのみで出かけてしまうと、うっかり日焼けしてしまう原因にもなり得ます。そんな日焼け防止も兼ねてきちんと化粧下地を使用する事が大切なのです。中には、日焼け止めクリームを化粧下地の代わりに使っている人もいるかもしれませんが、それでは同じ効果は得られません。化粧崩れや肌のくすみがカバーできないといっただけでなく、日焼け止めの成分で肌が白浮きしてしまう原因にもなってしまいます。また、保湿クリームを化粧下地の代わりにすることも同じくおすすめできません。化粧下地にはきちんと使用する事で得られるメリットが沢山あるのです。化粧下地を省くどころか、むしろ化粧下地にこだわることで化粧の見栄えも持ちもぐんとアップします。簡単にメイクを済ませたいと思う時でも、化粧下地だけはしっかりと使用する事が大切ですよ。今日は化粧が上手くいった!と思ったら、数時間後には崩れてしまいがっかりしてしまう事ってありませんか?実は、そうした悩みの解消に保湿スプレーが活躍するのです。保湿スプレーはその名の通り、スキンケアの保湿を目的としたスプレータイプの保湿液です。化粧を始める前に肌の保湿をしっかりと行う人は多いですよね。しかし、化粧の仕上げに保湿を行う人はどのくらいいるでしょうか。この化粧の仕上げに行う保湿が化粧崩れを抑えるポイントなのです。化粧を終えたサラサラな肌を保湿するなんて、と思う人もいるかもしれません。確かに、化粧を終えたばかりの肌はファンデーションでさらっとした仕上がりになっているので抵抗を感じてしまうかもしれません。しかし、この状態は肌とファンデーションが密着した状態ではないため、時間が経つごとに化粧崩れの原因になってしまうのです。また見た目とは異なり、化粧品や肌の油分によって化粧崩れが起こりやすい状態だと言えます。一方、保湿スプレーでしっかりと保湿し、化粧を肌に密着させておけば時間が経っても化粧が崩れにくくなるのです。量としては沢山吹きかける必要はありません。顔から30センチほど離した距離から全体に吹きかければ十分です。どんなに化粧が上手くいったとしても化粧崩れの悩みを抱えていては気分も下がってしまいます。こうしたひと手間を加えることで化粧のもちはぐんと良くなるので、是非取り入れたい方法です。新小岩 美容師 求人