色な美容師に出会える

色な美容師に出会える

美容室内で一人のお客さんに対して役割分担が行われている場合、お客さんがその事を不満に思っているばかりではない事も有ります。例えばその美容室の様子が良くまだわからない場合、一回の来店で色々な美容師さんと話ができたりその人の仕事ぶりを見る事が出来るのは良いことかもしれません。人によってはそういう状況を楽しんでいるお客さんもいるかもしれませんね。初来店の時などは、今後どの美容師さんを指名しようか、という判断をする時に役に立つかもしれません。あの美容師さんはトークは楽しかったけれども、仕事ぶりはちょっと安心できないな…などと、お客さん自身が美容師を見比べて評価する事が出来る、という事ですね。もしそうであるならば美容師の方もただ分業だから、といって手を抜くことは許されない、という身を引き締めるチャンスとなるかもしれません。その時の評価によって次の指名が来るかどうかが決まる可能性がある訳ですからね。特に「これから頑張らなくては」と思っている新人美容師にとっては、その役割分担の時間をいかにお客さんに真摯に向き合うか、という事でその後の評価が大きく変わってくる可能性があります。技術では先輩にかなわなくてもトークや気遣いでお客さんに気に入ってもらえる可能性も大いにあるからです。美容室での施術のプロセスで、担当してくれる美容師が変わる場合にお客さんがちょっと不満に思ってしまう事のひとつに「会話の内容が同じ」「何度も同じ事を聞かれる」と言う事があると思うのです。美容師との会話の内容、というのは特に話し始めの時は同じような会話が多いですよね。「今日はお仕事はお休みですか?」「お休みの日は何をされているんですか?」というような差し障りのない会話ですね。ですからプロセスが変わるたびに美容師が変わって、何度も同じような質問をされる、という事が起きやすくなってしまうんですね。いくら会話の相手が違うからと言って、プライベートな事を何度も同じように応えなくてはいけない、というのはお客さんにっては決して楽しい会話、とは言えないのではないでしょうか。役割分担をして施術内容で美容師を変えるのであれば、そういう会話の内容にも気を配らなくてはいけないと思うんですね。そういう事でお客さんに面白くない思いをさせる、という事はその美容室のトークのレベル全体に改善の余地があると言っても良いのかもしれませんね。時には「このお客さんはあまり美容師とのトークを好まない」と言う事が全体で把握されているかどうか、という事も問題となるでしょう。一人の美容師が気を使ってくれても他の美容師がそうでなければお客さん的には苦痛な時間となってしまいます。大島にある美容室