後日連絡をする

後日連絡をする

美容室での仕上がりにその場で満足したとしても、意外と後日になって不具合が生じてきたりするものです。美容室に行った日と言うのは「美容室は行った」と言う事だけで満足している人が殆どです。ですが数日経ってみると自分でスタイリングするのが難しかったり、直後のボリュームとは違ってきた、といった変化を感じる事も有ります。それはよくあることで決して美容師の失敗であるとは言えない部分もあるのですが、それを美容師の失敗だ、と思う人もいるかもしれません。そのタイミングで「髪の具合はいかがですか?」とか「お困りのことは無いですか?」という連絡が美容室から来たらお客さんはたとえ腹立たしい思いをしていたとしても気持ちが静まると思うのです。少なくともそういった連絡を貰えればそれをきっかけにお直しをお願いしたり、スタイリングのアドバイスをもらうために美容室に連絡しやすい状況が出来ているからです。来店してもらってうれしかった、仕上がりには満足してもらえたか、その後困っている事は無いか、というアフターフォローをしてくれる美容室なのだ、と思われる事はとてもポイントが高いと思うのです。その手段は手紙でも良いですし、ラインやメールと言った手段でも良いですね。なかなか後になってお客さんに連絡するのは手間の掛かることと思いますが、そのひと手間がお客さんには嬉しいものでしょう。女性のお客さんならなにか小さなプレゼントをもらうのも嬉しいものだと思います。たとえばヘアケア製品のサンプルです。今日使ったトリートメントのサンプルを帰りがけにお客さんに渡せば喜ばれると思うのです。もしもその時につかったトリートメントの効果を感じる事が出来たならば続けてそのサンプルも使ってみようか、という気持ちになるはずです。せっかくもらったんだから使ってみよう、と思う人もいるかもしれません。とにかくお店とつながる何かをお客さん渡す事で名刺以外のものでも美容室のことを思い出してもらうきっかけを作ることができるでしょう。名刺だとそのまま家のどこかで眠ってしまうかもしれませんが、使えるものであれば取り出して使ってみよう、という気持ちになるに違いありません。名刺と共に渡せば名前も一緒に覚えてもらう事が出来るかもしれませんね。サンプルというのは無料でもらう事の出来る実用品ですから、女性のほとんどはもらえると嬉しい、と思うものです。その気持ちを解っている女性スタッフなどが品物を選ぶのが良いかもしれませんね。「あの美容室に入ったらサンプルがもらえたよ」という口コミが広がる効果もあるかもしれませんね。女性と言うのはなにか嬉しい事があると人に話したくなるものです。葛飾区 美容院 求人